機械式時計を長く使うために気をつけたいこと

日常の保管状況が大切

機械式時計を長期間使い続けるためには、日常的なメンテナンスが欠かせません。適切なメンテナンスをすれば、生涯を通じて使えるのが機械式時計です。まず注意したいのは、あらゆる場面において時計に強い衝撃が加わるのを避けましょう。床や地面に落としてしまうのはもちろん、使用中に壁や家具などにぶつけてしまうことも厳禁です。さらに、時計をはずしたあとにテーブルなどに置くとき、そのままテーブルに置かずにやわらかい布の上などに置くようにしてください。機械式時計は精密機械のため、衝撃が加わると正確な時刻を刻めなくなるおそれがあります。しばらく時計を使わない場合は、購入時の化粧箱などに入れて磁気の影響を受けない場所で保管しましょう。磁気の影響を受けやすいのはスピーカーやテレビ、パソコンなどの近くです。

自分でできることとプロに依頼すること

日常的な機械式時計のメンテナンスは、所有者ができるものとプロに依頼するものに分けられます。所有者ができるのは適切な保管のほか、やわらかくて乾いた布によるクリーニングがあります。腕時計を使うと、季節を問わず汗や皮脂が時計に付着します。使ったあとは布でやさしくふきとりましょう。時計のベルトが金属製の場合、メガネの洗浄などに使う超音波洗浄機があるとしっかりと汚れを落とせます。洗浄後は水分をよく乾燥させてください。時計店などに依頼すべきメンテナンスはオーバーホールです。時計内部の点検や劣化した部品の交換を行うので、所有者には困難な作業です。オーバーホールには一定の料金がかかりますが、数年に1回のペースで行うと時計を長く使えます。

パテックフィリップは、世界の時計業界の頂点に君臨する時計メーカーです。本体とバンドとの組み合わせや、全体的な色の見せ方など何から何までこだわりながらも、落ち着きのある高貴なデザイン性が魅力です。

You may also like...