家を緑で覆えば快適?壁面緑化で居住性の向上を図ろう!

壁面緑化による遮熱効果と注意点

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化は外観を変える装飾の他、遮熱性を向上させる目的で行われます。植物の葉や枝が日光を遮ることで温度の上昇が抑えられ、屋内の気温が一定に保たれるのが壁面緑化の効果です。建物の多くは建材の間に断熱材を挟み込んでいますが、年数が経過することで劣化し、遮熱性が大幅に低下する問題があります。壁面緑化は植物を断熱材の代用とすることで低下した遮熱性を改善させ、居住性の向上に繋げる効果が得られるのが特徴です。断熱材を入れ替えるのに比べると手間がかからず、費用も安価なのが利点です。その反面、植物の性質を把握しないと葉や枝を適切に茂らせることが出来ず、遮熱性を得ることが出来ません。病気や害虫の被害にも注意する必要があるので、園芸の知識を持つことが重要になります。

壁面緑化を行うのに必要な準備について

壁面緑化を行う場合、立地環境に合わせた品種の植物を選ぶことが大切です。建物の壁を這わせるには成長が早い品種が適しているイメージがありますが、実際は建物を覆うほどの葉や枝を茂らせ、病気や害虫に強い品種が壁面緑化に適しています。品種選び以外にも土壌の改良や肥料の与え方にも気を配ることが大切なので、事前の準備を入念に行ったうえで正しい知識を持つことを心がけます。壁面緑化に適した品種でも土壌の質が悪いと成長が遅くなったり枯れるおそれがあるため、地域の気候に合わせた改良を施すのが長持ちさせるコツです。水はけを良くする他、与える肥料の量にも注意するのが適度な成長と病気や害虫を防ぐための条件です。

真夏の電気代は、ビルで過ごす場合はエアコン使用によって相当上がります。壁面緑化をビルの南面と西面に施しておくと、日光を遮る事で室温を下げる事が出来るので、都市部のビルで多くの緑化を行っています。

You may also like...