好みや用途に合わせて選べる電子タバコの良さ

電子タバコは3つの種類がある

タバコの値上げや、健康志向の高まりや受動喫煙対策への関心が深くなったことで電子タバコが注目されています。そして、電子タバコは3つの種類があり、種類が違うと使い勝手や価格が違うので、これから電子タバコを購入される方はその種類を覚えておきましょう。種類はそれぞれリキッド式、カートリッジ式、使い捨て式電子タバコとなっています。リキッド式の電子タバコは、選べるリキッドの種類が多いのが特徴でランニングコストも安いのが特徴です。カートリッジ式はリキッド式に比べると価格はやや高くなる傾向にありますが、メンテンナンスが楽なのが特徴です。使い捨て式は他のリキッド式やカートリッジ式に比べると、一番メンテナンスが楽な分、価格は割高な電子タバコとなっています。

リキッドやカートリッジを買えて好みの味や風味に

このように電子タバコには3つの種類がありますが、各電子タバコはリキッドやカートリッジや本体を変えることで、好みの味や風味にすることが出来ます。電子タバコの味はどれも同じ味ではないので飽きずに吸い続けやすくなっています。気分によって色々な味や風味を楽しみましょう。

ちなみに、電子タバコをこれから買う方は電子タバコ本体の価格だけではなく、リキッドやカートリッジの価格もチェックすることが大切です。リキッドやカートリッジは消耗品で、ランニングコストとなりますので、タバコ代金を少しでもおさえたいならそれらのランニングコストは意識する必要があります。また、替えのカートリッジがネット販売等で簡単に手に入るかどうかも使い続ける上では重要です。

本体などを買い揃えなければならないため始めは費用が掛かります。しかし長期間使用した時のコストを比較すると、vapeは紙巻タバコよりお得です。本体も、以前より安価なものが出回ってきているそうです。

You may also like...