加熱式タバコとは違う?電子タバコのあれこれ

電子タバコって何?メリットとデメリットも解説

電子タバコは、食品添加物や香料を混ぜた「リキッド」と呼ばれる専用の液体を電気の力で加熱してその蒸気を吸い、香りや味を楽しむ製品です。リキッドにタバコ葉が使われているわけではないと言う点が、加熱式タバコや紙巻きタバコと異なります。

煙の中にニコチンやタールを含まずに吸うことができる点が最大のメリットです。海外産のフレーバーにはニコチンが含まれるものもありますが、国内では薬事法をクリアするためにニコチンを含まない製品が販売されています。また、何千種類も存在するフレーバーを混ぜ合わせて、自分好みのフレーバーを作り出すカスタマイズ性の高さもメリットのひとつです。

一方、デメリットは粗悪な製品の場合、毒性が混じったリキッドが存在するという点です。また、海外産の一部の製品ではバッテリーが爆発してしまう事例もあるため、注意が必要です。購入の際には国産の製品で、質の良いものを選ぶようにしましょう。

吸い方は二種類ある!電子タバコの楽しみ方

電子タバコにはMTL(マウス・トゥ・ラング)とDL(ダイレクトラング)の二種類の吸い方があります。MTLは、蒸気を一度口に溜め込み、その後肺へと吸い込む吸い方で、一度口に蒸気を溜めるため、味をじっくりと味わうことが可能です。一方、DLは紙巻きタバコのように蒸気を直接肺まで吸い込みます。通常よりも多く煙を吐き出せる「爆煙」を楽しみたい場合にはこちらの吸い方がおすすめです。

また、電子タバコはリキッドを混ぜて自分だけの味を作り出すことが可能です。既存のリキッドを数滴ずつ混ぜていって、自分好みの割合を作ってみましょう。初心者は、同じメーカーのリキッドを混ぜ合わせることから始めることをおすすめします。

pod型vapeは、リキッドを取り換えるだけのタイプで、パーツの交換やメンテナンスなど面倒な作業がないため初心者におすすめです。大量の水蒸気で、深くて濃い味わいを楽しめるのも大きな魅力でしょう。

You may also like...