残す写真と捨てる写真の選び方は!?捨てても後悔しないとっておきの裏技も紹介

残す写真や捨てる写真の上手な選び方は

まずは、絶対に残しておきたい写真を選ぶようにしましょう。そのようなものは、「絶対に捨てることができない」ため、先に選んでおくと作業効率を高めることができます。その後は、捨てる写真の基準を決めていきます。「似たような写真は映りの良い方を残す」「ピンぼけ写真や他人が写りこんでいるものは捨てる」「何が写っているかよくわからないのは捨てる」などです。どんな人にも、ずっととっておきたい思い出の写真というものがあります。そのようなものだけを残しておき、逆にいらない、写真写りがイマイチと思ったものは、思い切りよくバッサバッサと捨てていくことが大切です。

お焚き上げという方法も

遺品の整理など、大事な写真をゴミとして捨てるのは、誰でも気が引けるものです。お焚き上げは、不要になった愛用品を天に返すための儀式で、神社やお寺などで思い出のものを供養して焚き上げてもらうことができます。大切な思い出を簡単に捨てることができないならば、神社にお願いをしてお焚き上げするのも一つの方法となるでしょう。

思い出の写真が捨てられるようになる最強の裏技

写真を一番簡単に捨てる方法があり、それがデジタル化するというものです。アルバムやバラ写真、フィルムなどを全てデータ化して残しておけば、大量にある写真も気兼ねなく捨てられるのではないでしょうか。印刷だけでなく、スキャナー機能がある複合機があると、アルバムにある写真をスキャンして、パソコンに保存することができるようになります。データ化することで、自由にコピーしたり、編集したりすることもでき、整理が非常に楽になります。写真を捨てられない時は、デジタル化してみることも検討してみましょう。

フォトブックは、初心者でも簡単に作ることが出来ます。最大の利点は写真をそのまま保存するわけではないので、色褪せないことです。

You may also like...